2010年 04月 27日 ( 1 )

ボロブドゥール遺跡

暑かった。

とにかく暑かった。

バスで行くのは危険だと言われたけど、観光ツアーで行くのが嫌だったから、

一人でローカルバスに乗って行って来た。

道を聞きつつ、なんだかんだとたどり着くのに2~3時間かかって、

着いた時にはおてんと様が真上に。。。。

暑すぎて、日射病寸前。ちょっと歩いては休み、ちょっと歩いては休み、しんどかった。

なので、遺跡での記憶はほとんどない。

東南アジアでの遺跡見学は、早朝に出発し、午前中の涼しい時間帯に見学ができる
観光ツアーがお勧めです。。。。



インドネシア ジョグジャカルタ 

世界三大仏教遺跡である。ボロブドゥール遺跡

ちなみに、あと二つはカンボジアのアンコールワット と、ミャンマーのバガン。

アンコールワットへは行くことができたが、

バガンは、ミャンマーに行きながらも、過酷な旅で精神力が尽きた為、見にいけなかった。

今思うと、実に残念なことをしたものである。




ボロブドゥール遺跡

e0115305_0361796.jpg


とにかく、でかすぎてカメラに収まらない。
偶然にもこの写真、wikipediaに載っている写真とまったく同じ位置から撮影している(笑


e0115305_1103644.jpg


観光客は結構いて、イスラムや、異宗教徒の観光客がすごく多くて、
さすがはインドネシア っと言った感じでした。


e0115305_0364693.jpg


この鈴みたいなの、実はでっかい。高さ3メートルくらいあります。



e0115305_037132.jpg


回路には仏教のレリーフがずらーーっと描かれているが、勉強不足の私には訳がわからない。。
こういうのの方が、見ていて面白かった。





e0115305_0374661.jpg


帰りのバスでの一枚。

遺跡での記憶はほぼないけれど、バスでの記憶は鮮明にある。

帰りのバスの中、私が観光客だと気づいた中年の女性が話しかけて来た。
そして、「なぜバスに乗ったの?危ないわよ。」
っと言い、カメラを隠すように私に指示して、そして隣に座ってくれた。
そして、私と同じバス停で降りてくれて、リキシャを捕まえて、
私をちゃんと宿まで送り届けるようにと言ってくれた。

一年間の旅の中で、女一人にも関わらず、私は危険な目にあったことが一度もなかった。
何の見返りも求めず、時には求めていたのかもしれないが、
私に手を差し伸べてくてた全ての人に、感謝したい。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-04-27 00:57 | インドネシアでの出会い