人気ブログランキング |

欲望

タイに来て、もうすぐで1ヶ月になります。
ちなみに、ビザを延長してもう少し滞在する事になりそうです。

タイに来る前に居たのがネパール。
ネパールには2ヶ月もお世話になった。

貧乏な国、ネパール。
生きること、食べること、それが当たり前じゃなかった国。
生きる事は厳しく、子供も大人もみんな必死に働いていた。
でもだからこそ生きることに迷いがなく、まっすぐに生きている様に思えたし
みんなで助け合って共存していた。
子供は親の仕事を助ける事は普通のことで、それに疑問を抱く子なんていなかった。
大人は威厳を持っていた。
そしてなにより、生きる事を純粋に楽しんでいるように思えた。
そんな彼らの生活を見ていると、こちらもただ生きる事が嬉しく、楽しく思えた。

ネパールに居るとき、私は「欲望」に出会ったことがなかった。

あれが欲しい、これが欲しい、あれしたい、これしたい。がなかった。

あるとしたら、海外に出稼ぎに行きたい と言う、はかない欲望と

「ギブミースイーツ」っとお菓子をねだってくる子供の可愛い欲望くらいだった。

ただ、お金にはあまり綺麗ではなくて、ツーリストと見るや「ギブミーマネー」っとよってくる人もいれば、商売人は平気で定価の何倍もの値段で売りつけようとする。

でもそれって、そのぼったくったお金で贅沢してやろうって事ではなくて、
生きる為に使われているような気がして、だからぼったくられても
あんまり気にならなかった。
それで彼らが少し美味しいご飯が食べれるなら、
それでいいやって思えた。

そんな国からタイにやってきて、まず驚いたのは 道路が綺麗!!って事だった。
車で走っていても、振動で身体が中に浮くような事もないし、バスも綺麗。
綺麗な道路がずーーっと続いていた。

そして、電気がいつでも使えることにも驚いた。
ネパールは、今の時期一日10時間も停電があり、しかもそれが日中10時~15時 
夜は17時~22時ってな具合に、一日に一番電気を使う時間に停電が行われた。
暗闇で、ロウソクと懐中電灯で生活する日々だった。
それがだ、タイではいつでも電気がつく!!!
それには凄く驚いた。

そんな近代社会に帰ってきて、1ヶ月。
そんな近代社会に疑問を持って1ヶ月。

生きることに必要な事以外に、多くのプラスアルファーが溢れている。
そのプラスアルファーが、私には邪魔なものに感じでしまって仕方がなく、
それに心を翻弄され、心に迷いが出ることに、凄いストレスを感じる日々。

心を穏やかに、生きる事に素直に向き合うには、欲望が多すぎて、
自分を見失いそうになったり。

私はもっともっと近代的な日本で30年近く生きて来て、
どれだけの欲望にまみれてきたのだろうか。。。。なんて考える。

そんなタイでの日々。

それでも、タイ人の優しい笑顔に心を洗われる日々。

タイは、やっぱりいいところだなって思う。

けど、私は何も無いところで、心穏やかに生きていけたらな。
なんて現実逃避のような欲望を抱く日々。
by atsuko-sunaoni | 2009-01-23 21:42 | タイでの出会い
<< エアロビクス☆ ロッククライミング >>