「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

kokorono gohan



「そこに在ると思えるだけで心が豊かになる自然である」

星野道夫さんの言葉。

よくそんな、上手くて素敵な言葉が出てくるなぁぁ。
っと彼の言葉に出会うたびに思う。

私にも、思うだけで心が豊かになる自然がある。
それは、日本でも海外でもどこでもいい。
人間らしく生きてる人たち。
地に足をつけ
昨日でもない、明日でもない、今を生きてる人たち。
私にとってはそれは大自然なのである。

都会で暮らしていただけでは、知ることが出来ない
人間の本当のありかた。
それを知ることで、私は心が救われ
それを思うことで、私は心が楽になる。




e0115305_3162391.jpg








e0115305_3163970.jpg



私は人間らしく生きたくて仕方がないんだ。

いつかきっと、出来ると思う。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-31 03:24 | ネパールでの出会い

hataraku

新しい職場での研修が終わって、

働きだしました。

働くって、楽しいなぁ。

事務仕事は向いていないと思っていたけど、

久々にやると楽しいな。

それにしても、寒い。。。

我が家はもはやコタツだけでは寒さをしのげなくなってきました。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-28 23:10 | 日々のつれづれ

冬支度

寒い。。。

今日は寒くて、曇ってて、朝からテンションがどうしても上がらない。

なので、コタツを出してみた。

暖かい。

これからはこたつでごろごろする日々が続きそうです。

冬は、そんな楽しみ方もあるのかもな。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-24 18:33 | 日々のつれづれ

いま

最近、未来と今を行き来しながら、どうしたものかと考えている。
やりたいことはあれど、それをするタイミングは今ではない。
じゃ、今はどうしよう?って今を歯がゆく感じたり、
未来を思って不安になったり、無駄なことを良くやっている。



「死んだら、死んだお父さんやお母さん、兄弟に会えるんだよ。
こんな楽しみな事はないよ。
だから、死ぬのはちっとも怖くないよ。
死ぬも楽しみ。生きるもまた楽しみ。」


いさおじは言う。


ひとつの土地で90年間生き続ける人の言葉は重い。

その言葉から、彼がどれだけの苦楽を家族と共にし、
回りの人々との関わりを大事にしてきたのか、
家族を愛し、土地を愛して生きてきたのか、伝わってくる。

人生に悔いはなく、また未来への欲もない。
ただ、今を楽しんでいる。
そんな風にも感じる。


そして、それはとてもシンプルなんだけど、
人間として一番幸せな事なんじゃないかって思う。


人生って

家族や身近な物事との関わりを大事にしていれば、
それが今を感じる事になり、
今を楽しんでいることになるのかな。

いさおじはこんな事を言っていた。
「人と会う時はいつも、一生の友だと思って会うよ。
初めて会う人でも、これからもずっと友達だって気持ちで会っているよ。」

だから、ひとつひとつの関わりが丁寧で、愛情があるんだろうな。

「ここに一日座っていても、食べることに困らないよ。
色んな人が色んなものを持ってきてくれるからね。」
っと笑う。

実際、私がいる数時間だけでもいつも数人の人がやってきて、
やれ珍しい魚があったとか、おかず作ったとか、もってくる。

みんな、いさおじを愛しているんだ。

私も、未来ばかり見てないで、、
今目の前にいる人・物事との関わりを大事にしていきたいな。




e0115305_0192941.jpg


いさおじと黒糖。
いさおじが作る黒糖は、もの凄く濃厚だ。
左手の指は、もう何十年も前に農作業中に失った。
「まだ生えてこないねぇ。」っといつも冗談を言ってみんなをからかっている。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-22 01:04 | 奄美大島での出会い

だいじなこと



「あっこ、あっこねぇ、これがいいんだよ。
綺麗な花もいいけどね、人間もこうでなくちゃね。」


少年のように瞳をきらきらさせて、いつもそう言う。



実るほど頭を垂れる稲穂かな。


e0115305_233463.jpg


いさおじの家に飾られている稲。

いさおじがとても大事にしてる事。

会う度に、稲穂の話をしてくれる。

それを実践して生きれている人は、そうそういないと思う。

傲慢で愚かな私には、まだまだ遥か彼方のことだ。

昨日から奄美地方では豪雨で大変な被害が出ていると

ニュースでみた。

いさおじに電話をしてみた。

大丈夫だと言っていた。

元気な声が聞けてよかった。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-21 23:42 | 奄美大島での出会い

Eka

えかです。
今年の7月に産まれました。

e0115305_21542448.jpg




お母さんはとても優しいです。

e0115305_2144326.jpg




性格は大人しくて、いつも小さい声で泣いてます。
でもたまに、大胆に泣いてみんなを困らせてみます。

e0115305_21565264.jpg




寝顔はお母さん似みたいです。
e0115305_22201341.jpg



目覚めはいいほうです。
e0115305_21571684.jpg




寝るか、泣くか、飲むかの日々です。
e0115305_2145635.jpg




おじいちゃんも
e0115305_21455986.jpg




おばさんも
e0115305_2145463.jpg




ジーンも私のことが好きみたいです。
e0115305_2157284.jpg





なんだかよくわからないけど、幸せです。

e0115305_21452150.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-14 22:06 | 日々のつれづれ

北岳 その2

秋の北岳は紅葉がとっても綺麗でした。

平日ということもあってか、登山客はあんまりいなくて
のんびりと山の空気を楽しむことができました。

これからの季節は日毎に色が変わっていき、綺麗なんだよ。
っと、今回お世話になった北岳山荘の支配人が嬉しそうに言っていた。




e0115305_22584685.jpg

今回一緒に登ってくれたあみちゃん。
なんと彼女、朝6時に北岳山頂から駆け下りてきて、8時頃に登って来た私と合流。
そのまま私とまた北岳を登ると言う、なんともハードな事をやってのけちゃう
スーパーウーマンなのです。

e0115305_22591357.jpg

植物が生き生きしています。
こんな所で育つ事が出来るいきものは幸せものだな~っと、
鹿の甲高い鳴き声を聞きながら思った。


e0115305_2259486.jpg

あちこち寄り道しながら、登り始めて6時間くらいで稜線に出た。


e0115305_230214.jpg

今の時期はベリーのシーズンの様で、色んな種類のベリーが実っていた。
それを摘み摘み、食べながら歩く。
自然の恵みを頂いて、幸せいっぱいでさらに歩く。


e0115305_231183.jpg

この文字がなんとも味があって良い。




e0115305_2313811.jpg

肩の小屋でお昼休憩をして、小屋のスタッフ達とあみちゃんがしばしおしゃべり。
そして北岳山頂を目指してまた歩き出す。
お天気がいいので、小屋の屋根には毛布が沢山干してあった。
色とりどりで、可愛い。



e0115305_2322237.jpg

今回宿泊した北岳山荘から見える景色。
富士山と同じ目線だ。
小さく写るヘリは、山荘へと荷物を運ぶヘリだ。(黒い点はごみです)

北岳山荘から見る朝日は大変美しかった。
外に出なくても、部屋の窓から朝日が見れる。
雲海をピンクに照らすまんまるい太陽と、その横に富士山。
雲と太陽と富士山しかない景色は、それはそれは幻想的で美しかった。


なぜその写真がないのかと言えば、、、、
山頂に着く直前あたりから、今回の相棒コンパクトカメラのCCDにごみが入り
写真に黒い点が写りこむ。。。
それで写真を撮る気が一気に失せて、撮ってないので~す。

修理に出さなきゃ~!!
せっかくの北岳、もっと写真撮りたかったな。


また行けばいいか。


お世話になった北岳山荘の皆様、本当にありがとうございました~!
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-12 23:34 | 冒険

北岳

e0115305_1344314.jpg

昨日、北岳に登頂しました。
凄く良い天気で、紅葉を見ながら、迎えに来てくれたあみちゃんとお喋りしてたらあっという間につきました☆

あみちゃんありがとう〜♪

山小屋のあまりの居心地の良さに、延泊。今日は山荘の賄い作りを手伝わしてもらったり、紅葉を見に行って絶景を前に昼寝したり。

スタッフがみんな素敵な子ばかりで、まだ泊まって行けば?と皆が言ってくれるけど、居心地良すぎるから帰れなくなりそう(笑)

明日、下山しま〜す。

今から雷鳥を探しに行ってきます。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-08 13:44 | 日々のつれづれ

満腹

e0115305_20324883.jpg

宿の夕飯はボリュームたっぷりで味も良かった。

茨城から来てるおじさまと、熊本から飛行機で来たと言うおじさまと、無理矢理テーブルをくっつけて三人で会食。

山の話は面白い〜♪

なんちゃって登山者の私はついていけないけど、楽しそうに話してくれるから面白い。

話を聞いていて分かったのは、一人登山はポピュラーなんだなぁと言う事。

と言う事で、来年の春くらいから一人登山始めてみようかな。

楽しみがひとつ増えた。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-06 20:32 | 日々のつれづれ

ローカル線の旅

e0115305_13405056.jpg

e0115305_13405041.jpg

東京から電車で一時間来ただけで、すんごいのどかだなぁ。
ローカル線の旅はとっても楽しい。

四人席を独り占めして満喫中。


山や緑が見えただけで、心が落ち着く。
欲との葛藤でご乱心一歩手前だった心が山に洗われた〜♪
良かった良かった。のんびりのんびり生きよう。

快晴なり。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-10-06 13:40 | 日々のつれづれ