「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ピッケル

エベレスト街道のトレッキング中に仲良くさせて頂いた登山家さんに、
アンナプルナに行くと言ったら、
「ダウラギリに僕のピッケルが刺さったままになっているから見てきてね(笑」
っと言われた。
ダウラギリ登頂目前で、登山隊は撤退したので、まだ悔しさが残っているのだという。
その登山家さんからは、沢山の山での話を聞かせてもらった。

その高い高い山々を見に、早朝のPHOON HILLへ。
ゴレパニと言う村から1時間くらい歩いた所にある丘だ。
ヘッドライトを付けて日の昇らないうちに出発した。




e0115305_23321837.jpg


山頂には沢山のトレッカーがいて
寒さに凍えながらみんなで朝日を待った。





e0115305_232623.jpg


なぜ日の出は、いつどこで見ても美しいのだろうか。





e0115305_23262859.jpg






e0115305_23264493.jpg


姿を現した世界最高峰の山々を目の前に
人々はただ息をのむしかできない。
真ん中に見えるのがダウラギリ。8167メートルもある。


ネパールでトレッキングをするまでは
8000メートルもある山に登る人の気がしれなかった。
でもネパールの山を歩いていたら、ふと
あの高い高い山を登った果てにみる世界(自分)に興味が沸いた。
登山家の気持ちが、なんとなく理解できた瞬間だった。

ピッケルは、見えなかった。





数ヵ月後に友人のTinaも、同じ景色の中にいた。彼女の素敵な言葉と写真はこちら。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-30 23:42 | ネパールでの出会い

言葉に写真を添える


星野道夫さんと言う写真家の写真を見てみなさい。


カメラをぶら下げて歩く私は、あちこちでそう言われる事があった。
けれど、なかなかその写真家の写真に出会えることがなかった。
それからしばらくたって、帰国した私は地元の市役所に行った。
市役所の一角に、星野道夫さんの写真が展示されていた。
星野さんと私は、偶然にも同じ町に住んでいたようだった。
やっと出会えた写真をみた感想は、「風景写真かぁ」っと言う程度で感動はなかった。

そして先月の沖縄でのこと。
事故を起こして、怪我して、仕事ができなくて暇になった私は寮の近くの図書館へ。
そこでまた星野さんの写真集を探し、写真をひとつひとつ眺めてみたが
風景や動物写真にあまり興味がない私には、やっぱり感動するほどのことではなかった。

「星野道夫は文章も素晴らしい。」 と言う話を友達に聞いていたので、
写真集の後ろの方にある、写真についての解説文章を読んでみた。
びっくりするくらいその文章に引き込まれた。
解説で、短い文章であるのにも関わらず、
自然、人、動物、全てに対する深い愛と敬意があった。
そして、文章を読んだ後、また写真を見てみる。

すると、驚くことに、同じ写真なのにまったく違う写真のように見える。
星野さんの言葉で温かさを帯びた風景や動物が生き生きと輝いて
心のなかにすっと入ってきた。
さっきは何も感じなかった写真で、感動したのだ。

その感覚は衝撃的だった。

それ以来、星野道夫という人物が気になって仕方がなく、
彼の本を読んでみた。
やっぱり、素敵な人だなっと思った。

もうこの世にいないけど、まだ生きてるような気がする。
彼の言葉が生きて私の心に届いたからかもしれない。

当たり前のことを、ただ当たり前に言うだけ。
でもその言葉を発する人物に、どれだけの経験、敬意や尊敬の念、愛があるかで、
人の心への届き方が全く違う。
っと、素晴らしい人に出会う度に思う。

そんな事を思う今日この頃。



e0115305_332440.jpg



この写真は仏陀の生誕地、ルンビニに咲く花。
灰色にそまる殺伐とした景色の中に、ひっそりと色を添えて
参拝に訪れる人々を迎えていた。


あぁ、私もいつか素敵な言葉をもてるようになりたいな。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-29 03:29 | ネパールでの出会い

ぜいたく


加計呂麻島で 私が一番好きなのが 徳浜で

その浜で毎朝 海に入る親子。


しあわせ しあわせ。


なにもないんだけど  なにもないから  いろいろあって

ぜいたく。




e0115305_23264791.jpg




目をつぶると まだ波の音がする。

ぜいたくなじかんの感覚を まだ体が覚えてる。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-22 23:38 | 奄美大島での出会い

花ちゃん

私のアイドル 花ちゃん。

私の大事な友人の子供です。

まだ生後二ヶ月。


表情豊かで、ふてぶてしくもなんとも可愛い。



e0115305_228293.jpg

ご機嫌なときはこんな感じ。
ん~!ほっぺたがたまんない!!!!




e0115305_2295427.jpg

はい、不機嫌な花ちゃんです。
みごとな貫禄です。
ふ、ふてぶてしぃ・・。


e0115305_22101234.jpg

不機嫌ついでにふてねしてます。





e0115305_22104045.jpg

お風呂は大好きです。
幸せ~って顔してます。




e0115305_2211260.jpg

まどろみ中。
う~ん、、味があります。




e0115305_22142242.jpg

笑うと可愛いんです。



e0115305_2214363.jpg

こんな表情もたまらない。



花ちゃんの表情に釘付け。
母となった友人の表情にも釘付け。

幸せな友人の顔をみて、私も幸せになる。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-21 22:22 | 日々のつれづれ

Flower

今日は友人のカメラマン、むらいさち氏の写真展に行ってきました。

「Earth Flowers -うみのはな・ちきゅうのはな」

と言うタイトルで、むらいさんならではの温かくて可愛い花々の写真が会場に咲いていました。

気持ちのいい空間で、ちょいとのんびりさせていただきました。

久々に会ったむらいさんはエジプトで食あたりしたようで、げっそりしてました。

エジプトと言えば、食あたりですね。

写真展の詳細はむらいさんのブログで☆



なもんで、私も花の写真でも。

e0115305_14730100.jpg


加計呂麻島の道端に咲く花。

実は私も花の写真を撮るのが大好き。


今日は、我が家にインターネットがつながった。

凄く快適だ~♪
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-18 01:49 | 日々のつれづれ

おかいもの

ミャンマー

インレー湖のなかの浮島にある村。

その村の市場の様子。



e0115305_20445391.jpg

移動手段は船です。



e0115305_2042080.jpg

干物屋さん。
湖の魚かな?



e0115305_20422227.jpg

ミャンマーのトマトサラダは、とっても美味しかった。




e0115305_20463810.jpg

これは、主に男性がかむもので、いわゆるタバコみたいなものなのかな??
葉っぱの上に石灰を塗って、木のくずみたいなのとか
お店によってトッピングがいろいろ。
噛むと口の中は真っ赤になる。噛むと唾液が出て、
それをぺっぺっぺっぺと吐きながらかみつづける。
だからミャンマーの町はあちこちが赤く染まっていた。
私も挑戦してみた。
噛んでるあいだ、頭がすっきりとして目がさえた。覚醒とでも言うのか。
でもあまりの不味さに吐き出してしまった。
それを見た人々は笑っていた。



e0115305_20504114.jpg

女性は野菜を買う。
値切りは、あたりまえでしょ。




e0115305_2051015.jpg


お花をちょうだい。




e0115305_20442898.jpg


さあ、帰ろう。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-15 21:07 | ミャンマーでの出会い

わらって


わらって わらって。

こうやって、みんがわらえたら嬉しいね。


e0115305_208635.jpg






Nepal ポカラの食堂にて。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-15 20:17 | ネパールでの出会い

加計呂麻島から

e0115305_1957422.jpg

加計呂麻島のお母さんから、塩と青パパイヤ、それと一緒に摘んだフキで作ってくれた佃煮と手作り梅干し。


むむむ。。



嬉しくて涙出ちゃった。

皆で一緒にたべましょう。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-14 19:57 | 奄美大島での出会い

ただいま〜♪

有明から、豊洲→築地→銀座→新橋→皇居→飯田橋→護国寺→池袋を通り、ただいま帰宅。

ノンストップで3時間。

さすがにお腹が減った。


私の到着を待ってか、雨が降りだした。

やっぱり家が好きだな。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-14 15:40 | 日々のつれづれ

湾岸警察署

e0115305_11314536.jpg

湾岸警察署にて、地図をコピーしてもらえた〜!

お巡りさん、四人がかりで私の家までのルートを決めて、丁寧に丁寧に説明して頂きました。


がんばってね〜!

っと送り出してもらいました。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-09-14 11:31 | 日々のつれづれ