「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

えらいこっちゃ

今日は、チベット展を見に上野まで行ってきた。

11月にダライ・ラマの講演会に行くのに備えて、チベットの事を少し勉強しておこうかと思ったからだ。

なんかこう、チベットの歴史とかが分かるかしら?なんて思って。


で、美術館に入って10分もしないうちに、これはとんでもない所に来てしまったと思った。


えらいこっちゃ!

えらいこっちゃ!

これ、良いの?

と。

急に空気が重く感じて、どっと疲労感に襲われた。

そこには、チベット仏教における貴重な仏像や曼陀羅がところ狭しと展示してある。


宗教的にこんな貴重なもんを、こんなところで、なんの有り難みもない日本人が見てていいんかい?しかも、中国の管理の元でだ。

早くチベットへ返してあげて欲しい。。

ネット上で、このチベット展を非難する人権団体の文を読んではいたけど、なんでそんなに怒ってるの?って思ってたけど、、実際行ってみたら、大変なこっちゃ〜!だった。


少なからず、ネパールでチベット仏教徒の痛々しいくらいの信仰心を見ているだけに、目の前にある仏像の有り難みの分からない自分が、何だか申し訳ない気分になった。


絵画とか、芸術は国外に持ち出しても良いと思うけど、宗教的な物は、その信仰がある所にないと何の意味もない。


これらの仏像は、もう何年もこうやって先進国で展示され続けてるみたい。


あるべき所に、早く帰って欲しいと切に感じたのでした。


見たかったら、こちらから出向いて拝みに行かなきゃならないくらい素晴らしいものばかりだったと思う。


何だか複雑な気持ちになった。

そんな今日この頃。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-25 01:17 | 奄美大島での出会い

バクタプルの少女

ネパールのカトマンズ盆地にある

バクタプル

ネパールに沢山ある世界遺産のひとつ。

古都が現存されている。

世界遺産とは立派なのは名ばかりで、

一歩裏通りに入ったところの汚さや、あちこちが壊れかかっている町並みに驚いた。

保護金として外国人観光客から取る入場料の750ルピーは

一体何に使われているのか?っと不思議になるくらい、修復なんてされていなかった。

(ちなみに、観光客かどうかは見た目で判断される為、私はネパール人とみなされたので、入場料を払わずに入れてしまいましたが。。)



雨が降り、薄暗く曇ったバクタプル。

その中に、沢山の寺院が立ち並ぶ。

ネパール人、外国人、沢山の人でにぎわっていた。


そんな中で、美しい少女をみつけた。

彼女の兄だと言う人物が、色々と教えてくれた。

ここの地域の女の子は、13歳になるまでに、お寺の中に住み込み、

3週間だったか、、3ヶ月だったか修行をしなければならないとのことだった。

今日は、その修行を終えて、晴れて外に出てきた彼女のめでたい日なのだと言う。

綺麗に着飾り、親兄弟に囲まれてバクタプル内にある寺院一つ一つに花を添え、

お祈りをする儀式の最中だと言う。


e0115305_2017858.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-23 20:18 | ネパールでの出会い

えいちゃん

e0115305_16281684.jpg

水道橋に来てます。不良みたいなちょっと怖い感じのおっちゃんがいっぱい。

まさか~って思ったら、みんなYAZAWAタオル持ってる。


今日のドームは熱い。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-19 16:28 | 奄美大島での出会い

せかいの車窓から

ミャンマーの写真は全部消えた。

でも、実は数枚だけ残っているものがある。

それは、いつもなら直ぐに消去するのに、わざわざプロテクトをかけて

カメラのメモりーカードに残しておいた写真たちだ。

ミャンマーの旅からもうすぐ半年が経つと言うのに、どうしても消せないで残していた写真。

それは、この物売りの少女の写真が大好きだから消せないでずっと持っていたのだ。


e0115305_2513115.jpg



チゃイテーヨーと言う、落ちそうで落ちないゴールデンロックを見たあと、

インレー湖に向かった。

その道中、バゴーと言うバスの乗り換え地点まで行く途中でバスが少し停まった。

ミャンマーでは、バスの乗客が降りないでも買い物が出来る。

なぜなら、彼女みたいに頭に品物を乗せて、手を伸ばして私に渡してくれるからだ。

彼女が売っているのは、餅のような、甘いようなしょっぱいような お菓子で美味しかった。

不安だったバスの旅。

彼女の笑顔が、元気をくれた。


ミャンマーの女性はいつも美しかった。

その笑顔は明るく人々を照らしていた。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-19 02:55 | ミャンマーでの出会い

デビィ

インドネシア

ジョグジャカルタ

プランバナン遺跡の近くの村に住む一家の家にホームステイした。

きっかけは、プランバナン遺跡に行ったとき、そのこガイドだと言う男性に声を掛けられた。

一時間ほど話した後に、「僕の村を見て欲しい。」

っと言われた。

村は遺跡からバイクで10分のところにあると言うことだった。

その男性についていくか迷ったが、子供のように綺麗に澄んでいる彼の瞳を信用して、

一大決心をして着いて行った。

その日は数時間滞在して、マンゴーやらご飯やら、沢山ご馳走を食べさせてもらって帰った。

後日、私は改めて彼らの家を訪れて、一泊だけだけどホームステイした。

私を誘った男性、つまりお父さんは、「私達は貧しい」っと嘆いていたが、

彼の家族を見て、かわいそうだなんて全然思わなくて、むしろ、家族と愛情いっぱいに、幸せに生活してる

彼らを羨ましく思った。



デビィ それは、彼の愛娘。


e0115305_243495.jpg



夕暮れ時、近所の親戚の畑まで、とうもろこしを貰いに行くところ。

幸せな光景だと思った。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-19 02:43 | インドネシアでの出会い

ウブドの少女


e0115305_23593191.jpg




バリの女の子は綺麗だ。

とりわけ、私の目を奪ったのは少女達の美しさだった。


ウブドのパダン料理屋で出会った少女。

ここのパダンは、ウブドで一番美味い。(と、ウブド在住の友人が教えてくれた。)

東南アジアでは、こうやって子供が一人でご飯を食べに出る事は珍しいことではない。

ある意味で、とっても自立しているのだ。


インドネシアは広い。

だから、地方によってさまざまな料理があるのだが、その中でもパダン料理は郡を抜いてうまいと思う。

とにかく、辛い。


そして、かわいい。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-14 00:06 | インドネシアでの出会い

10年ごし

自分の服をほとんど持たない私は、(正確には、冬が無い所にしかもう住まない!!っと言って、旅に出る時に夏服以外は全部処分した。
のに、冬が来そうな東京に帰ってきた。)最近妹の服を着て出かけている。

妹も、私が貧窮状態にあるのを知っているので、協力的だ。

そんなわけで、つい数日前まで、よれよれの服着て、バックパック担いでたのに、突然OLスタイルに様変わりした。


最近はコスプレ気分でOLスタイルを満喫中。


働かないOLが、どこにも行かず家でのんびりしてたら、電話がなった。


私と同い年のいとこの男の子からだ。

電話の向こうで
「受かりました!」って言ってる。

ああ、司法試験だ。今日が合格発表日だったんだ。


30歳までに駄目だったら諦めると誓って、10年間も勉強しつづけて、ラストチャンスだった今年、やっと受かった。

「おめでとう〜」っと気の抜けた声で言った。

そしたら、「みんなのおかげだよ。本当にありがとう!」

って言うから、「みんなは何もしてないけど、、(笑)」って返したら、

「いや、本当にみんなのおかげなんだよ。ずっと応援し続けてくれたでしょ。普通だったらね、もうやめろとか、諦めろって言われてる所なんだよ。なのに、誰もそんな事言わないで応援してくれたでしょ!本当にそのおかげなんだよ。」


だって。


聞いてて、じ〜んっとしちゃった。

10年間、ちょうど司法試験制度が変わってしまった年に大学を卒業して、不利な条件の中で愚痴も漏らさずに頑張り続けて、落ちても誰のせいにもしなかったのに、受かったらみんなのおかげだって言う。


良い男になったな〜っと、良かった良かったと、何だか私まで嬉しくなった。


これからは無料相談で使わせてもらおっと。勉強ばかりして、恋も遊びもバイトもしない彼を馬鹿にした事がある私だけどね。反省反省。。

何かを一生懸命頑張る人って、強いな〜って思った。


合格の知らせを聞いて、うちの母親が泣いている。


一族に嬉しい風が吹いている。

そんな今日この頃。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-10 20:27 | 奄美大島での出会い

ごまんえん

ネットで見つけた、データ復旧会社。

早速iPodのデータ復旧の見積もり聞いたら、最低で5万円ですって。

あらまぁ。

でも、データの取り出しは出来るっぽい。

とりあえず、iPodをガンガン殴って直そうとしてた行為は即刻中止した。


数年後、セレブになったらやるか?




どなたか、マニアで、そういうのが得意な方が側にいる方、教えて下さい。

1万円以内なら、どうにか出せる(涙)


5万円落ちてないかな〜。。。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-09 23:24 | 奄美大島での出会い

む〜。

ある日突然壊れたiPod。

今日はアップルストアーへ行った。
データの取り出しは、無理ですね〜っとさらっと一言。。

たのみの綱、新宿のヨドバシカメラへ。何とか出来そうな方法を探ってくれたが、結論はうちでは無理ですね だった。。。

こうなったら、バンコクあたりに持ってけば、駄目もとでもトライしてくれやしないかと思ってしまう。


まぁ、バックアップをとっていなかった私が全て悪いのさ。。

旅の半分にあたる写真が消えた〜。。。

文章にすればいいさ。そうさそうさ。。

っと言い聞かす。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-09 16:08 | 奄美大島での出会い

帰京

東京(厳密には千葉)に帰ってきました。

しばらくは、東京に根を下ろすつもりです。

空から見た、大都会 東京は、感動的だった。

ほんとに、でかいんだもの。

この東京に居られるって、ラッキーな事だなぁって思った。

今回は、嫌いだった東京を、見方を変えて、楽しもうと思って帰ってきた。


なんか、面白い事がありそうだな〜。。

そして、帰京の第2の目的。

ストレスダイエット!!

都会ではどうやってもストレスが溜まるはず。そのストレスを利用して、増えに増えた体重を落とそうと言う計画だ!

がんばるぞ。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-09-08 15:57 | 奄美大島での出会い