<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ありがとうクラビ ありがとうゆかこさん ありがとうみんな。

あと2時間したら、クラビを出ます。

1月31日にここに来てから約1ヶ月ちょっと。
その間、本当に沢山の出会いがありました。

さくらに集まってくる方々との交流の日々。
旅行者だったり、クラビ在住の日本人の方々だったり。
周りは日本人ばかりだったけど、充実した日々だった。
色んな人がいて、色んな考えかたがあって、色んな人生を見ることができた。
皆さん個性的で(笑、 ほんとに、面白かった。

そして、みなさんに、本当に本当に良くして頂いた。
こんな私ですが、みんなから沢山の愛情を頂いた。

そして、ゆかこさん、本当にありがとうございました。
ほんとに、こんなに何もしない居候でいいのかと、いつも悪いな~っと思いつつ、
結局ゆかこさんの優しさにに甘えてなにもしないまま1ヶ月が経ち。。
本当に、何から何まで、沢山の出会いと、体験をさせてくれてありがとうございました。

と、、、言うわけで、カンボジアへいってきます。

今回は、私の旅始まって以来始めて、旅の友(共)がいるわけで、
一人ではない旅の楽しさを味わってみたいと思います。

その後、ミャンマーでヴィパッサナー瞑想をしたいと思っていますが、
情報がなくて、困ってます。
どなたか、ミャンマーでのヴィパッサナー瞑想の情報がありましたら、
教えてください☆よろしくお願いします。


では、行ってきます。

そして、ありがとう。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-11 16:32 | タイでの出会い

まぶしくて

その笑顔はまぶしくて。

まぶしすぎて。

彼は天に召された。


私がネパールで大変お世話になり、そしてホームステイまでさせていただいていたご家庭の、
長男が亡くなったそうです。
そのことを、ネパールで友達になったととちちちゃんの日記で知った。
私は彼らの家には、確か5泊ほどさせてもらった。
エベレスト街道へのトレッキング準備を、そこの家の皆に協力してもらいながら整えた。
どこの馬の骨かも知らない私に、みんな本当に親切にしてくれた。


彼はまだ、26歳くらいだったはず。
初めて彼に会った時、私はそのまぶしすぎる笑顔が直視できなかった。
そんなにまぶしい笑顔を見るのは、生きてて初めての体験だった。

私と彼が最後に会ったのは、私がチトワン国立公園に向かう途中。
彼はポカラに向かう途中だった。
偶然バスの休憩所でばったり会った。
私がチトワンの後に、ポカラに行くと知ると、「ポカラに着たら連絡ください。」
っと言ってくれた。それが最後。

私は、彼に連絡しなかった。

体調も悪かったし、彼の家に居候している日本人のおじさんと、山で嫌な別れ方をした事もあったし、親切を受ける事になれていない私は、彼らの親切がどうしても理解できなかった。
そうして申し訳無いと思いつつ、私は彼ら一家と、距離を置くようになっていた。

彼らにちゃんとお礼も出来ずにネパールを出た事が、私の心には引っかかっていたが、
もう会うこともないのだと、むりやり割り切っていた。

それが、彼の死をもって、また引き戻されてしまった。

私は、なんで彼らに心から向きあわなかったのか。。
彼らの親切を、なぜ素直に受け入れられなかったのか。。

女一人旅、どこまで心を許すかは、大変難しい判断になる。
でも、だからと言って、私は心を閉ざしすぎていたかもしれない。
閉ざしたまま旅を続けて、私は何を見てきたのだろうか。

彼が、早く召される運命と知っていれば、
私はもっと彼に心を開いていたかもしれない。
彼の優しさを、素直に受け入れたかもしれない。そんな後悔だけが残る。

でも、誰でもいつか死ぬんだ。

だから、いつも真剣に心と心を向き合わせなければいけないのだと、思った。

ネパールは私にいつも大事な事を教えてくれる。

彼の笑顔は本当にまぶしくて、まぶしくて。

一生分の笑顔で皆を幸せにして、彼は召されて行ったのだと思う。

笑顔をありがとうね。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-10 19:29 | ネパールでの出会い

つなぐもの

こころといのちを つなぐもの。

e0115305_19205696.jpg




ちなみに、このお二人は日本人です(笑
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-06 19:21 | タイでの出会い

スパイダーマン2☆

スパイダーマン2 まこちゃん。

e0115305_19141938.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-06 19:15 | タイでの出会い

スパーダーマン☆

クラビのトンサイにて。

スパイダーマンこと、のむのむ☆


e0115305_1955931.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-06 19:07 | タイでの出会い

トンサイクライマー☆

クラビで一番好きな場所を見つけてしまった。。

その名もトンサイ。

クライマーが世界中から集まってきているところで、
ダイビングにたとえると、日本の座間味島のダイバーような、そこに来る人は殆ど
クライマーです。

そんな場所へ、クライミングをやらない私が3日間行って来たわけですが、
のんびりしてて、そしてそこらじゅうで皆がクライミングしてる。
朝は早く、夜も早い。
道は未舗装で、ヤシの木が生い茂り、色とりどりの鳥、りすなどがバンガローに遊びにくる。
私はのんびりと、ビーチにねっころがりながら、クライマー観察。
タイ的な雰囲気は無いのだけど、なんだか良かった。
リラックスな日々でした。

真剣に岩にのぼってる人、かっこよかったな~。
見てるだけで楽しかった。

e0115305_18575655.jpg

岩場のすぐそばにビーチ。
奥に見えてるでかい岩もルートが沢山あって、彼らは登ります。
とにかく、四方八方にルートだらけです。


e0115305_1859518.jpg

お昼ねしてる真上で、クライミング。
贅沢な眺めでした。
私もお昼ね最中。

e0115305_1916233.jpg


e0115305_19163056.jpg

文句無く、かっこいいです。


e0115305_1905244.jpg

村(?)の中はこんな感じです。

のんびりでしょ。
クライマーでなくても、魅了されてしまった私でした。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-06 19:02 | タイでの出会い

クラビは深い。

昨日、クラビタウンのすぐ隣にあるマングローブを見るツアーに行ってきました。

マングローブは、本当に町のすぐ脇にある。
さくらツアーから歩いて5分ほどで川にでる。
その川の向かい側がクラン島であり、マングローブなのです。

クラン島はイスラム教徒の住む島であり、
ゆかこねーの友達のあゆみちゃんが住む島でもあり、
水牛が居るような、のんびりした島だよっと聞いていたので、
前々から「遊びに行きたい~!!」っと思っていた島なのでした。

そのクラン島に住むあゆみちゃんの旦那さんがボートマンであり、
マングローブツアーをしているのです。
で、そのツアーの視察と言うことで、ゆかこさんに連れて行ってもらったのでした。

1時間コースと2時間コースとありますが、友達コースと言うことで、
3時間以上、マングローブやクラン島で遊ばせてもらいました。
いやぁぁぁ、、、楽しかった。

まずは洞窟に行きます。
ここが、船着場からほんの10分ほどのところにあり、また川を挟んで向かいには町が見えると言う、町を望みながら、ジャングルを歩くっと言う不思議体験が出来ます。
洞窟までは、少し急な階段を登って行きます。
洞窟内部は、想像以上に広く、そしてダイナミックです。
ゆかこさんは「昔絶対に原始人が住んでいたはずや!」っと連呼していた。(笑
(ちなみに、クラビはウン万年前の原始人の骨が発見された場所らしく、
タウンの中央交差点には、でかい3体の原始人像がそれぞれ信号機を両手にぶら下げている
っと言った具合な町なのです。)
ここには洞窟が合計で3つあるらしく、私達は2つを見ました。

何よりすごいのは、これが町からすぐのところにあるのに、
静寂とジャングルの中にあるということ。

続いては、マングローブの中をボートで散策。
これまた、驚いた。
マングローブが、とても元気で、ダイナミックなのです。
静かな、誰も居ないマングローブを私達の船だけが進んでいくその贅沢な事。。。
本当に気持ちが良くて、心癒されてしまった。
行けども行けども、マングローブで、迷路みたい。
途中で船に乗る漁師さんたちとすれ違ったり、島の人とすれちがったり、
ここはまだあまり観光地化されておらず、地元の人の生活の中に入って行く感じです。

マングローブを進んでそして川に出て、そして、魚の養殖場につきます。
そこで、サービス精神旺盛なおじさんが、怒ると膨らむ系のフグちゃん達を
手にとっては怒らせて、でもおじさんは楽しそうに笑いながら見せてくれます(笑
このフグちゃん達との出会いが、今回のツアーで私が一番エキサイトした場面でもありました(笑 もう、可愛いのなんの。。。。
膨らんだフグちゃん達は、水に戻されても、すぐにはしぼまずに、浮いてしまいます。
これがまた可愛い。。。ま、、食べれらちゃう子達なのですが。。。。
ここでは、魚を料理してもくれるそうで、食事可 なのだそうです。

続いて、やっと念願のクラン島に上陸!
本当にのどかで、ヤシの木がいっぱい生えていて、牛がいて、鶏がいて、とにかく、
緑豊かな世界。「ザ、南国!」っと言った雰囲気です。
電気が通じているのが不思議なくらい、素朴な島。
この島はイスラムの島なので、女性はみんなスカーフの帽子みたいなのをかぶっている。

カメラを向けると、みんな恥ずかしそうにはにかむ。
なんだか、ほんの1時間たらずで、どこかの秘境に来てしまった感じであった。
こんな素朴な場所が、タウンのすぐそばにあったとは。。
おそるべし、クラビ。

ツアーはこれにて終了。ボートでタウンまで送ってもらって、解散です。

とっても楽しかった~♪
またまた、ゆかこさんにはお世話になってしまったし、
今回は視察と言うことで、あゆみちゃん夫婦にもとてもお世話になってしまった。
嬉しいような、申し訳ないような。

と、言うわけで皆様がもしクラビにいらした際には、是非このツアーに参加してほしいです☆
値段など、申し込みの詳細は、さくらツアーのゆかこねーさんに聞いてみてくださいね☆
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-03 02:08 | タイでの出会い