<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

中華料理には野菜がない

ペナンに来て5日が経ち、毎日中華料理を食べていて気がついた。

中華料理には野菜がない。

野菜が入ってはいるけれど、かざり程度で、野菜がメインになることなど無いようである。
野菜天国のタイから来ると、それが際立って感じるのであります。
野菜を追い求めて歩いていると、インド料理やに行き着く次第です。
なので、最近はもっぱらの野菜不足で、道端のフレッシュジュース屋さんでフルーツジュースを 飲んで、食物繊維を補充しています。

ペナンに限ってそうなのか、、中華料理がそうなのか。

で、私のここ最近の謎が解けました。

オーストラリア滞在中に、白人が肉食であることをしみじみと感じました。
(全部がそうでは無いと思うけれど、私が見たオージーや他のヨーロッパ人はそうだった)
彼らが大好きなのは、ビーフステーキとポテトフライ。野菜はほとんど食べない。
(ちなみに、ポテトは野菜だと思って食しているらしいですが。。)

「あぁ、肉食獣だわ。そりゃ、戦っても負けるわけだ。」っとつくづく思った。
彼らのあの血の熱さと、破壊力は、肉からきていたのかっと。
草食の私たちとは、鹿とライオンほどの違いがあるのだわっと。

で、では、中国人のあのパワーは一体どこからくるのだ??っとな。
同じアジア人なので、米と野菜をたくさん食べるのだと思っていたから、
不思議でならなかったのですが、やっとわかった。
彼らも肉食である。多いのは鶏と豚。
でも魚も野菜も豆もフルーツも、っと何でも食べれる雑食。最強だわ。。。
今日も飲茶屋で、ひたすら食べて食べつくしている彼らをみて、
「なるほど、勝てないわけだ」っと納得してしまった。
これからの世界は、中国人のものかも知れない、、、などと真剣に考えてしまった。


じゃあ、菜食中心のインド人のパワーはどこからくるのかと考えたら、
食べる量 からだと思うのです。
蔵前仁一さんの本を今読んでいるのですが、
彼らの食べる米の量は半端じゃないとの事。
そういえば、ネパリも菜食中心だけど、すごい量の米を食べていたな~っと。

なるほど~!!

っとな。こんな事を考えながら旅をするのは面白いな~っと。

でもこれは、あくまで、私が思ったまでですので、あしからず、、、、。

今日も、食い倒れ。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-30 23:03 | マレーシアでの出会い

ペナンで食倒れ

コメントの返信が出来なくて申し訳ありません。。宿のフリーネットを使用しているので、
制限時間が30分。おまけに後ろで露骨にヨーロピアンが私が終わるのを待っているので、
小心者の私は30分も使う勇気がない(笑

ペナンではジョージタウンと言う中心地に居ます。
ここで、安くて、綺麗で、親切で、っと居心地の良い宿を見つけてしまったので、
なかなか快適に楽しく過ごしています。
今日は帰って来たら日本人の男の子が2人来ていたので、さっそく掴まえて話相手になってもらいました(笑

今日はバイクで島を一周しました。
ペナンは車社会な上に、運転が荒いので、非常に緊張したドライブとなりました。
すれすれを、凄い速度で追い越していく車ばかりで、なんど ひやり としたか。。
ペナン一周をして分かった事。
この島は大変裕福である。
でも素朴さも少しだけ残している。
でも、畑が全然ないのね〜っと。

そんな訳で、都会のペナンでは写真の撮りどころは全くないのですが、

食べる事に関しては凄い!!!

とにかく、何を食べても美味しいし、言葉が分からないけど、
人が食べてるのをみて、これ!って指指せば分かってくれるし、最高です。
今朝は飲茶を食べました。一人で、しかも観光客が来るのが珍しい店らしく
皆からちらちらと見られながら、美味しくいただきました(笑

ペナンに来てはまったものは、沢山の具を乗せたてんこ盛りのかき氷と
インド人が作るロティと言うクレープみたいなスイーツ。これがモチモチさくさくで美味しい!
これらを毎日頂いております。
あとは麺類を1日数回は食しております。

そろそろ、後ろの圧力が増してまいりましたので、
ここらへんで今日はお開きにしたいと思います。

あ、それと、最近はインド人にも声を掛けられなくなりました。。。
正月休みを利用して観光にきた華僑だと思われているようです(笑)

さ、、今夜はインド映画を見にいくどーー!


連絡
ゆかこねーさ〜ん!
こんなところで連絡してすいません。
明後日にクラビに戻ろうかと考えていま〜す!
またヨロシクお願いします。
圧力に屈して、メール画面を新たに開く勇気がなく、ここにて失礼します(笑
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-29 18:14 | マレーシアでの出会い

ペナンは熱い。

昨日の夕方ペナンへ到着しました。
いやぁ、暑い暑い。。
そして、活気があって熱い熱い。。
インド系と中国系が共存している所って、こんなに凄いのね。

道を歩けばインド人から声をかけられるし、
ご飯屋に入れば中国人の威勢のいい声が響いているし。
そして、みんなフレンドリーです。
そういえば、海外で出会ったマレーシア人は皆明るくて優しかったな。

とにかく面白い。
この国を旅の日程から外していたのは誤算だったと感じた。来て良かった〜。
今は中国正月の真っ最中なので、商店の殆ど閉まっていますが、
正月ならではの活気があって面白い。
爆竹が鳴り響いたり、獅子が踊ってたり。

と、ペナンを満喫中です。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-27 14:45 | マレーシアでの出会い

ペナン島(マレーシア)に行ってきまふ。

私のタイの滞在ビザは1月27日まで。
と言う事で、一旦隣国に出国して、再入国いたします。
俗に言う、ビザランってやつですね。

私がいるクラビからマレーシアとの国境のハジャイと言う町までバスで2時間ほど。
そこからさらにバスでペナンまで足を伸ばします。

ペナンには、実は5年前くらいから「いつか必ず行きたい。」と言う思いがありました。
今回の旅はマレーシアは飛ばす予定でいたのですが、実はペナンのことが心に引っかかっていたのです。が、ひょんな事から行く事になりました。

と言うわけで、しばらくペナンへ行ってきます☆
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-26 01:34 | タイでの出会い

山と生活

ネパールでは山と生活が密接していた。
生活と宗教も密接していた。
そして山と宗教も、密接していた。
山には、神が宿っているのだと。

エベレスト街道付近に暮らすのは高所民族のシェルパ族。
彼らはチベット仏教徒だ。

神が宿る山々に囲まれて暮らす人々。


e0115305_2314826.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-25 15:13 | ネパールでの出会い

縁の下のちからもち

彼らのおかげで、私達は高高度の山に行く事が出来る。

平均40キロの荷物を背負い、どこまでも山を登っていく。
トレッカーの荷物も、食料もなにもかも、彼らの小さな体が地上から運びあげる。
こんな過酷な労働でも、一日の日当はだいたい400ルピー(500円くらい)程度だといいます。

彼らへの敬意を忘れてはいけないと思う。

e0115305_14562270.jpg



e0115305_1523542.jpg



生きる為に働くという事。
それは、凄く厳しい事なのだと知った山での事。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-25 14:57 | ネパールでの出会い

蒼い蒼いそらへ


その蒼い蒼いそらが恋しくて。また、会いたくなる。


e0115305_1450108.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-25 14:51 | ネパールでの出会い

サガルマータと怪しい女

サガルマータとは、エベレストのネパール名。
良い名前だな。サガルマータ。

空気の薄さとの戦いの末にたどりついた、蒼と白の世界。
そして、そこにたたずむ怪しい女。
後ろに見える黒い岩肌の山がサガルマータ。
e0115305_14293877.jpg


カラパタールの山頂風景。
この狭い山頂を目指して多くの人が幾日もかけてトレッキングをするのです。
ちなみに、強風で体が吹き飛ばされそうでした。
e0115305_14404720.jpg



先程の写真があまりにも怪しすぎるので、すこし怪しさの和らいだ女の写真も。
e0115305_1430198.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-25 14:35 | ネパールでの出会い

エアロビクス☆

今日は憧れのことにチャレンジして来ました。
それは、エアロビクス。
私と同じく、食べすぎ&運動不足に悩む 我がゆかこねぇさまと行ってきました☆

タイに訪れたことのある方なら、一度は夕方のエアロビ風景を目にした事があるかと思います。
初めてタイを訪れたとき、バンコクの大型スーパーの前の広場で大勢の人が爆音ミュージックと共に軽快に身体を動かしていた光景に驚いた。。。

タイではエアロビが盛んです。あちこちでやっている。(おそらく運動不足解消のため)
先日、ゆかこねぇの娘っこを迎えに学校に行った時の事。
体育館の方が何か騒がしいの覗いてみたら。。。。
100人以上の子供が楽しそうにエアロビをしてた♪
日本で言うラジオ体操に当たるのだと思われる。

で、ずーーっとエアロビに淡い憧れを抱いていたのでした。

そして今日、ついにデビュー。

ゆかこねぇと一緒にモーニングマーケットの上にある駐車場へ。
エアロビは17時30にスタートです☆

突然の爆音ミュージックと共にエアロビ開始。
正面には舞台が設置してあり、そこにインストラクターが立って踊る。
エアロビメンバーはざっと40人~50人くらいでしょうか。

タイっぽいなんとも言えないミュージックで、
何とも言えないダンスをみようみまねで踊る。
もちろん、私はついていけず、殆どが自作ダンスとなったのでありました。
今の自分、笑えるんだろうな~なんて思いながらのダンス。

踊ってる最中、ふと目があったおばちゃんはニコって笑ってくれるし、
夕方にタイのおばちゃん達と一緒にエアロビをすることに至福を感じる今日この頃。

でも1時間ぶっ通しで踊り続けるのはちょっと辛い。。。

でも、また行きたいなぁぁ~☆

ちなみに、無料な上に、誰でも参加できると思われます。

タイは本当におおらかだな~☆
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-25 01:47 | タイでの出会い

欲望

タイに来て、もうすぐで1ヶ月になります。
ちなみに、ビザを延長してもう少し滞在する事になりそうです。

タイに来る前に居たのがネパール。
ネパールには2ヶ月もお世話になった。

貧乏な国、ネパール。
生きること、食べること、それが当たり前じゃなかった国。
生きる事は厳しく、子供も大人もみんな必死に働いていた。
でもだからこそ生きることに迷いがなく、まっすぐに生きている様に思えたし
みんなで助け合って共存していた。
子供は親の仕事を助ける事は普通のことで、それに疑問を抱く子なんていなかった。
大人は威厳を持っていた。
そしてなにより、生きる事を純粋に楽しんでいるように思えた。
そんな彼らの生活を見ていると、こちらもただ生きる事が嬉しく、楽しく思えた。

ネパールに居るとき、私は「欲望」に出会ったことがなかった。

あれが欲しい、これが欲しい、あれしたい、これしたい。がなかった。

あるとしたら、海外に出稼ぎに行きたい と言う、はかない欲望と

「ギブミースイーツ」っとお菓子をねだってくる子供の可愛い欲望くらいだった。

ただ、お金にはあまり綺麗ではなくて、ツーリストと見るや「ギブミーマネー」っとよってくる人もいれば、商売人は平気で定価の何倍もの値段で売りつけようとする。

でもそれって、そのぼったくったお金で贅沢してやろうって事ではなくて、
生きる為に使われているような気がして、だからぼったくられても
あんまり気にならなかった。
それで彼らが少し美味しいご飯が食べれるなら、
それでいいやって思えた。

そんな国からタイにやってきて、まず驚いたのは 道路が綺麗!!って事だった。
車で走っていても、振動で身体が中に浮くような事もないし、バスも綺麗。
綺麗な道路がずーーっと続いていた。

そして、電気がいつでも使えることにも驚いた。
ネパールは、今の時期一日10時間も停電があり、しかもそれが日中10時~15時 
夜は17時~22時ってな具合に、一日に一番電気を使う時間に停電が行われた。
暗闇で、ロウソクと懐中電灯で生活する日々だった。
それがだ、タイではいつでも電気がつく!!!
それには凄く驚いた。

そんな近代社会に帰ってきて、1ヶ月。
そんな近代社会に疑問を持って1ヶ月。

生きることに必要な事以外に、多くのプラスアルファーが溢れている。
そのプラスアルファーが、私には邪魔なものに感じでしまって仕方がなく、
それに心を翻弄され、心に迷いが出ることに、凄いストレスを感じる日々。

心を穏やかに、生きる事に素直に向き合うには、欲望が多すぎて、
自分を見失いそうになったり。

私はもっともっと近代的な日本で30年近く生きて来て、
どれだけの欲望にまみれてきたのだろうか。。。。なんて考える。

そんなタイでの日々。

それでも、タイ人の優しい笑顔に心を洗われる日々。

タイは、やっぱりいいところだなって思う。

けど、私は何も無いところで、心穏やかに生きていけたらな。
なんて現実逃避のような欲望を抱く日々。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-23 21:42 | タイでの出会い