「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:タイでの出会い( 24 )

チェンマイでシャーマン体験

日曜日にチャンマイを出る予定でしたが、

マッサージスクールの仲間うちで、「日曜日にシャーマンのところに行こう!」

っと話が出たので、面白そうなので、予定を変更してシャーマンに会いに行った。

マッサージ絡みのメンバー9人で、ソンテウと呼ばれるバスみたいなものをチャーターして、
走ること約1時間、まったくどこだか分らないが、お寺に着いた。

そこには既にシャーマンに見てもらおうと沢山の人が集まっていた。

まずは英語のできる信者さんに色々と瞑想や仏教の教えについて説明を受け、
そしてシャーマンに頭と手に何かを書いてもらって、瞑想をした。
シャーマンのお弟子さんらしき人々が見守る中、なんだかよく分らないお経を唱えながらの瞑想。
途中、バタンっと後ろに倒れる人もいた。。。。
これは霊を降ろす瞑想らしく、お寺でやらないと危険なんだそうな。。。

そして、待つこと約4時間あまり、、時間は24:00過ぎ。
やっとこさ自分の番がやって着てみてもらった。
シャーマンには、おじさんの霊が憑いているそうで、
おばさんのシャーマンが、おじさんのようなしゃべり方をする。
どういうことを言われたかは、書くと長いのでやめますが、
未来や過去を見ると言うより、今の自分(私)を見通す力が強いシャーマンだと感じました。
将来について聞いても、自分の本当にやりたい事をやれば良いのだと、
私の心を見透かして、そんなアドバイスをくれている印象だった。


このシャーマンは、一緒にいったメンバーからの話を聞く限り、かなり当たっていたそうで、
本物のようです。

途中、霊に取り付かれた若い女の子が奇声を発しながら、
友人たちに取り押さえられて運ばれてきた。
で、英語の通訳さんがシャーマンと霊との会話を通訳してくれるのですが、
どうやら、その若い女性は過去に2度堕胎をしているらしく、
その水子の霊が、お母さんと話したい と出てきているとの事。
若い女の子は、もがいて、白目をむいて苦しそうでした。
初めて撮り付かれた人をみた・・・・。
彼女は、瞑想をすることで水子の霊を成仏させるようにアドバイスされていました。

そんなこんなで、チェンマイ最後の夜は、非常に濃いメンバーで、濃い体験をしたのであります。

チャンマイは、深い。。。。。

ちなみに、マッサージにはさらにはまってしまい、帰国を延長して練習に励んでいました。
でも、まだまだ、、、まったく使い物になりません。。。。。
かえったら、練習台になってくれる方を募集です。
ちなみに、女性限定でお願いしているのは、チャンマイ式のマッサージは体の密着がとても多いからです。

明日、バンコクを経ちま~す☆

さらばタイ ありがとうタイ。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-05-20 00:23 | タイでの出会い

深みにはまる

はまってしまった。

はまってしまって、なかなか足が抜けない。

そうこうしている間に、3週間もたってしまった。

恐るべし 

タイマッサージ。。。


本当に奥が深い。

マッサージは、心が大事です。うんうん。

タイマッサージでは、センと呼ばれる線を押すのですが、これが目に見えない。
このセン、その昔瞑想修行者が見つけたのだそうです。

ミャンマーでの瞑想体験から2ヶ月、最近瞑想について至っていた考えが、
「瞑想とは、体(無意識)との対話である」と言うことだった。
そこへきて、タイマッサージと瞑想の関係などを知ってしまうと、
これがまた妙に納得できてしまって、また深みにはまる。。。

私が通っているマッサージスクールロイクロには、
すばらしい講師がいて、この方に教えてもらうことで、さらに深みにはまる。

私の友人(女性限定)の皆様、日本に帰ったら、マッサージさせてね☆
(耳掻きもつきます)

そんなこんなで、マッサージを習うのに思いのほか出費がかさみ、
ラオス、中国行きを中止にせざる得なくなり、
来週にも、バンコクからおとなしく飛行機で帰国予定。

日本で、がんばって仕事探しをします。
農業など、自然とともにできる仕事の情報があったら教えてください☆
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-05-10 01:08 | タイでの出会い

ミャンマーのなごり

ミャンマーのなごりが、私の中に残っています。

それは

ネット離れ。。

ミャンマーではネットがほぼ使用不能状態だったので、ネットカフェに行こうとすら思わなかった。
そのなごりで、タイに戻ってきた今でも、ネットカフェから足が遠のいてしまった。

そんなわけで、なかなかブログの更新もせず、メールの返信も出来ないでおります。
申し訳ございません。。

今私は、タイの北部のチェンマイにいます。
チェンマイ、チェンライと、合わせて,なんともう、1ヶ月近くいてしまった。
当初の予定では、とっくにラオスにいるはずだったのに。。。

で、タイ北部はどんな所なのかと言うと、山に囲まれたのどかな地帯です。
特に、チェンライは山岳民族が暮らす山が近くにあり、鮮やかな民族衣装を着た山岳民族の
方々が、買い物に来ていたりします。
とても不思議な光景です。

中国との国境からも近いことから、中国系のタイ人が非常に多く、中国語の表記も多い。
そんなことで、私はいつもタイ人だと間違えられ、タイ語でえんえんと話掛けられることもしばしば。

チャンライでは、ラオス、ミャンマー、タイ の国境の交わる場所を訪れて、
タイの金持ち具合をしみじみ感じ、ラオスも意地になって国境地帯を整備しているのを複雑な心境でみて、相変わらず凄い密林のままのミャンマーに親近感を感じたり。

また、タチレイという、ミャンマー側のタイとの国境の町に日帰りで訪れたり。
実はこのタチレイから、ミャンマーを出国し、タイに入ろうと思っていたのですが、
ミャンマーの出入国にに陸路はない!!!っと言う事で、なくなくヤンゴンに引き返し、
飛行機で帰った私には、このタチレイはちょっとした憧れ町だったのです。
タイ側からの入国は、パスポートをイミグレーションに預けると言う条件で一日入国が出来ます。
さらに、パスポートを預けてミャンマー国内を観光できるって話も聞いたことがありますが、、、
ミャンマー国内で、パスポートを持たずに旅をするのなんて不可能だと思うけど、そんなこと出来るのかしら??電車も切符も、バスのチケットも、ホテルも、パスポートが無いと買えないんだけどね・・。

で、タチレイはどうだったかというと、
「ここはミャンマーではない!!暑苦しくなったタイだ!」
っと感じでした。
ミャンマー特有の、気の抜きどころのない街中や、風通しの悪い街中。
でも、ロンジー(巻きスカート)をはいている人も、タナカ(日よけの木の粉)を縫っている人もいないし、
食べ物も、ミャンマーの町にあるものとはまったく違う。。。
それに、町中がなんだか綺麗。。。
うん。ここはミャンマーではない。
しかし、、タチレイに1時間もいただけで私はめまいがするほど疲れてしまい、
すぐに出国してタイに戻ったのです。
また、、ミャンマーには負けてしまった。。。

チャンライでは、あとは山の中をバイクでドライブ中に、ソンクラン(水掛祭り)のフライング襲撃に出会い、
道路わきで待ち構える子供達に、バケツでダーーっと水をかけられました。
これが、子供がとても楽しそうにやっているので、見ている(やられる)こちらも楽しかった。
しかし、聞いたろころでは、毎年こうやってバイクの運転中などにソンクランの不意打ちを受けて、タイ全土で800人ほどが亡くなっているのだそうな。、。。。


そして、今いるチャンマイは、ソンクラン(水掛まつり)がとても有名な町なので、
それに合わせてここにきました。
4/12~15までがソンクラン。メインは4/13。
で、4/13のメインの日だけは、私も水鉄砲を持って町に繰り出し、みんなと水を掛け合ったものの、
残りの日は、水掛が終わる夕刻までじーーーっと宿で待機をしていました。。
だって、、、町を流れるドブ側の水を掛けられるんです、、私には耐えられない。。。
ソンクランは、もともと仏教の宗教的儀式で、お寺にある仏像に水を掛ける事から始ったお祭りのようです。
事の始まりは仏像に水をかけてたら、勢い余って人に掛けてしまって、楽しくなっちゃって回りも掛け始めて、、、ってそんな事に違いない。。。っと私は勝手に思っています。
子供も大人も、真剣に水掛を楽しんでいて、本当に楽しかった。
タイは平和だな~って思ったけど、それと時を同じくして、バンコクでは大変な衝突があったみたいで、
つくづく不思議な国だと思う。。。
チャンマイでは、バンコクの騒動を気にしている様子はほとんどなかったし。。。


そんなこんなで、タイを満喫して、もうラオスに行こうと思い、先日ルアンババーン行きのチケットを購入。
で、「今日でタイも最終日だから、タイマッサージを受けに行こう!!!」っと行った先で、
マッサージスクールの情報を目にしてしまい、どうしても学校に行きたくなって、
ラオス行きを中止にして、マッサージ学校に行ってます。
そして、タイマッサージが楽しいので、追加でタイ式ヨガとフットリフレも習う事にしました。
プライベートレッスンですが、1コース日本円で12000円くらいで受けられる。
日本でやる数分の1の料金で出来るので、せっかくチャンマイにきたのだから!!
っと自分に言い聞かせて、残り少なくなった銀行のお金を下ろす日々・・・・。

そろそろ、、、日本に帰ります。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-04-25 16:52 | タイでの出会い

ありがとうクラビ ありがとうゆかこさん ありがとうみんな。

あと2時間したら、クラビを出ます。

1月31日にここに来てから約1ヶ月ちょっと。
その間、本当に沢山の出会いがありました。

さくらに集まってくる方々との交流の日々。
旅行者だったり、クラビ在住の日本人の方々だったり。
周りは日本人ばかりだったけど、充実した日々だった。
色んな人がいて、色んな考えかたがあって、色んな人生を見ることができた。
皆さん個性的で(笑、 ほんとに、面白かった。

そして、みなさんに、本当に本当に良くして頂いた。
こんな私ですが、みんなから沢山の愛情を頂いた。

そして、ゆかこさん、本当にありがとうございました。
ほんとに、こんなに何もしない居候でいいのかと、いつも悪いな~っと思いつつ、
結局ゆかこさんの優しさにに甘えてなにもしないまま1ヶ月が経ち。。
本当に、何から何まで、沢山の出会いと、体験をさせてくれてありがとうございました。

と、、、言うわけで、カンボジアへいってきます。

今回は、私の旅始まって以来始めて、旅の友(共)がいるわけで、
一人ではない旅の楽しさを味わってみたいと思います。

その後、ミャンマーでヴィパッサナー瞑想をしたいと思っていますが、
情報がなくて、困ってます。
どなたか、ミャンマーでのヴィパッサナー瞑想の情報がありましたら、
教えてください☆よろしくお願いします。


では、行ってきます。

そして、ありがとう。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-11 16:32 | タイでの出会い

つなぐもの

こころといのちを つなぐもの。

e0115305_19205696.jpg




ちなみに、このお二人は日本人です(笑
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-06 19:21 | タイでの出会い

スパイダーマン2☆

スパイダーマン2 まこちゃん。

e0115305_19141938.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-06 19:15 | タイでの出会い

スパーダーマン☆

クラビのトンサイにて。

スパイダーマンこと、のむのむ☆


e0115305_1955931.jpg

[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-06 19:07 | タイでの出会い

トンサイクライマー☆

クラビで一番好きな場所を見つけてしまった。。

その名もトンサイ。

クライマーが世界中から集まってきているところで、
ダイビングにたとえると、日本の座間味島のダイバーような、そこに来る人は殆ど
クライマーです。

そんな場所へ、クライミングをやらない私が3日間行って来たわけですが、
のんびりしてて、そしてそこらじゅうで皆がクライミングしてる。
朝は早く、夜も早い。
道は未舗装で、ヤシの木が生い茂り、色とりどりの鳥、りすなどがバンガローに遊びにくる。
私はのんびりと、ビーチにねっころがりながら、クライマー観察。
タイ的な雰囲気は無いのだけど、なんだか良かった。
リラックスな日々でした。

真剣に岩にのぼってる人、かっこよかったな~。
見てるだけで楽しかった。

e0115305_18575655.jpg

岩場のすぐそばにビーチ。
奥に見えてるでかい岩もルートが沢山あって、彼らは登ります。
とにかく、四方八方にルートだらけです。


e0115305_1859518.jpg

お昼ねしてる真上で、クライミング。
贅沢な眺めでした。
私もお昼ね最中。

e0115305_1916233.jpg


e0115305_19163056.jpg

文句無く、かっこいいです。


e0115305_1905244.jpg

村(?)の中はこんな感じです。

のんびりでしょ。
クライマーでなくても、魅了されてしまった私でした。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-06 19:02 | タイでの出会い

クラビは深い。

昨日、クラビタウンのすぐ隣にあるマングローブを見るツアーに行ってきました。

マングローブは、本当に町のすぐ脇にある。
さくらツアーから歩いて5分ほどで川にでる。
その川の向かい側がクラン島であり、マングローブなのです。

クラン島はイスラム教徒の住む島であり、
ゆかこねーの友達のあゆみちゃんが住む島でもあり、
水牛が居るような、のんびりした島だよっと聞いていたので、
前々から「遊びに行きたい~!!」っと思っていた島なのでした。

そのクラン島に住むあゆみちゃんの旦那さんがボートマンであり、
マングローブツアーをしているのです。
で、そのツアーの視察と言うことで、ゆかこさんに連れて行ってもらったのでした。

1時間コースと2時間コースとありますが、友達コースと言うことで、
3時間以上、マングローブやクラン島で遊ばせてもらいました。
いやぁぁぁ、、、楽しかった。

まずは洞窟に行きます。
ここが、船着場からほんの10分ほどのところにあり、また川を挟んで向かいには町が見えると言う、町を望みながら、ジャングルを歩くっと言う不思議体験が出来ます。
洞窟までは、少し急な階段を登って行きます。
洞窟内部は、想像以上に広く、そしてダイナミックです。
ゆかこさんは「昔絶対に原始人が住んでいたはずや!」っと連呼していた。(笑
(ちなみに、クラビはウン万年前の原始人の骨が発見された場所らしく、
タウンの中央交差点には、でかい3体の原始人像がそれぞれ信号機を両手にぶら下げている
っと言った具合な町なのです。)
ここには洞窟が合計で3つあるらしく、私達は2つを見ました。

何よりすごいのは、これが町からすぐのところにあるのに、
静寂とジャングルの中にあるということ。

続いては、マングローブの中をボートで散策。
これまた、驚いた。
マングローブが、とても元気で、ダイナミックなのです。
静かな、誰も居ないマングローブを私達の船だけが進んでいくその贅沢な事。。。
本当に気持ちが良くて、心癒されてしまった。
行けども行けども、マングローブで、迷路みたい。
途中で船に乗る漁師さんたちとすれ違ったり、島の人とすれちがったり、
ここはまだあまり観光地化されておらず、地元の人の生活の中に入って行く感じです。

マングローブを進んでそして川に出て、そして、魚の養殖場につきます。
そこで、サービス精神旺盛なおじさんが、怒ると膨らむ系のフグちゃん達を
手にとっては怒らせて、でもおじさんは楽しそうに笑いながら見せてくれます(笑
このフグちゃん達との出会いが、今回のツアーで私が一番エキサイトした場面でもありました(笑 もう、可愛いのなんの。。。。
膨らんだフグちゃん達は、水に戻されても、すぐにはしぼまずに、浮いてしまいます。
これがまた可愛い。。。ま、、食べれらちゃう子達なのですが。。。。
ここでは、魚を料理してもくれるそうで、食事可 なのだそうです。

続いて、やっと念願のクラン島に上陸!
本当にのどかで、ヤシの木がいっぱい生えていて、牛がいて、鶏がいて、とにかく、
緑豊かな世界。「ザ、南国!」っと言った雰囲気です。
電気が通じているのが不思議なくらい、素朴な島。
この島はイスラムの島なので、女性はみんなスカーフの帽子みたいなのをかぶっている。

カメラを向けると、みんな恥ずかしそうにはにかむ。
なんだか、ほんの1時間たらずで、どこかの秘境に来てしまった感じであった。
こんな素朴な場所が、タウンのすぐそばにあったとは。。
おそるべし、クラビ。

ツアーはこれにて終了。ボートでタウンまで送ってもらって、解散です。

とっても楽しかった~♪
またまた、ゆかこさんにはお世話になってしまったし、
今回は視察と言うことで、あゆみちゃん夫婦にもとてもお世話になってしまった。
嬉しいような、申し訳ないような。

と、言うわけで皆様がもしクラビにいらした際には、是非このツアーに参加してほしいです☆
値段など、申し込みの詳細は、さくらツアーのゆかこねーさんに聞いてみてくださいね☆
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-03 02:08 | タイでの出会い

ペナン島(マレーシア)に行ってきまふ。

私のタイの滞在ビザは1月27日まで。
と言う事で、一旦隣国に出国して、再入国いたします。
俗に言う、ビザランってやつですね。

私がいるクラビからマレーシアとの国境のハジャイと言う町までバスで2時間ほど。
そこからさらにバスでペナンまで足を伸ばします。

ペナンには、実は5年前くらいから「いつか必ず行きたい。」と言う思いがありました。
今回の旅はマレーシアは飛ばす予定でいたのですが、実はペナンのことが心に引っかかっていたのです。が、ひょんな事から行く事になりました。

と言うわけで、しばらくペナンへ行ってきます☆
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-01-26 01:34 | タイでの出会い