カテゴリ:オーストラリア( 26 )

アオイ

青いうみ。

蒼いそら。


アオと子供は仲が良い。


e0115305_22113412.jpg



写真の中に飛び込みたい と思わず思った。


そんな今日このごろ。





西オーストラリア Broome
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2012-05-01 22:16 | オーストラリア

とにかくそいつは


e0115305_21465340.jpg




e0115305_21471647.jpg





でかいんだ




e0115305_21473429.jpg




e0115305_22284419.jpg




e0115305_21475020.jpg




たかいんだ



e0115305_22313129.jpg




e0115305_22282372.jpg



かっこいいんだ



e0115305_22285978.jpg




e0115305_2148984.jpg


やさしいんだ







オーストラリア キングスキャニオン
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2011-12-12 22:01 | オーストラリア

キラキラノカケラ


こんな車の影、見たことある?


e0115305_23283627.jpg




こんな他愛も無いことにはしゃげる気持ち、今でも持ってる?


心躍る日々を過ごしてる?


旅の写真を見てると、過去の自分から色々と問いかけられている感覚がする。

私にとって旅は非日常だから、楽しいのは当たり前で、
けど旅の中で出会う光景や人々は、日常の中にいるのにキラキラ輝いていた。
私の回りにも落ちてるそのキラキラのカケラを、今拾い集めてます。
もし落ちてるの見つけたら、是非届けてください。




オーストラリアの真ん中にて。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2011-11-21 23:55 | オーストラリア

hot springs

温泉。

いや、ぬるま湯。


足がつかないほど深くて

覚えているのは、怖くてとにかく早く上がりたかった、と言うこと。

優しかったツアーのガイドさんに、ぴったりくっついて泳いで、一周してすぐに上がった。

今こうやって見ると、恐ろしく美しい場所で

もったいないことをしたと思う。



e0115305_22555054.jpg


e0115305_22561924.jpg


e0115305_22565844.jpg


e0115305_22564153.jpg




西オーストラリア ノーザンテリトリー  マタランカプール にて。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2011-11-14 23:06 | オーストラリア

旅人

旅人。


旅人と旅人は出会ってすぐから昔からの友の様に語り合う。

一緒に食事をする。一緒に笑う。一緒に感動する。一緒に旅をする。

だから、たった数日しか時間をともにしていないのに

無性に恋しくなることがある。




シドニーから電車で何時間か行ったところにある国立公園。

名前は忘れちゃった。

でも、私がオーストラリアに居たなかで、一番好きになった宿があったところ。

そこでほんの3日間くらい

一緒に遊びに行ったり、買い物行ったり、ご飯食べたり、語りあった男の子。

大学を休学して一年の旅に出てた。

このあと、世界一周するって言ってたけど、どうしただろうか。

たまに、彼のことを思い出す。

旅人は切なく、温かく。

人生の一瞬をともにした仲間を思う。

また会えると、本気で思い願う。



e0115305_23392062.jpg






e0115305_23393281.jpg



私達の人生も、水みたいに形を変えて流れて、流れて。


またどこかで、交わるのかもしれない。


旅人の温かさ、儚さを 恋しく感じる夜。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-11-29 23:56 | オーストラリア

アボリジナルアート 2

e0115305_20421092.jpg











e0115305_20422036.jpg











e0115305_2042329.jpg

描いたのは、 彼女。




アボリジニーについて、書きたいことがいっぱいあったんだけど、
考えてたら、胸が苦しくなってしまって、
結局何も書けない。

彼らが幸せに暮らせる日々がいつか来ることを願っています。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-08-18 20:47 | オーストラリア

アボリジナルアート


オーストラリアと言えば、アボリジニー。


私はアーネムランドという、アボリジニー保護区の近くにあるキャサリンと言う街に3日間ほど滞在していた。

そこで泊まっていたバックパッカー(安宿)のオーナーがアボリジナルアートの販売をしていたため、
その製作現場も宿の敷地内にあった。



e0115305_2011830.jpg




e0115305_20101674.jpg


もくもくと。

e0115305_20102699.jpg


もくもくと。


e0115305_2010351.jpg


植物の枝で描く。



e0115305_20105462.jpg

出来上がった たくさんのディジュリドゥ。


e0115305_2011160.jpg

描かれているのは、トカゲなどのオーストラリアに生息する動物達。



e0115305_20104327.jpg

仕事が終わったら、寝る。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-08-18 20:39 | オーストラリア

Happy Birthday

そろそろ私も誕生日なので、誕生日の写真を。

とは言っても私のではない。


思い出深い、誕生日祝いをした記憶。




ケアンズからアリススプリングまで、バイク一台と車二台、5人で旅をしていた。

Ayaちゃんはバイクで、Eriちゃんとダスティン Naoちゃんと私 のペアで

長い長いドライブをした。



ここは、ウルル(エアーズロック)のほど近くにあるキャンプ場。

一緒に旅をする友の誕生日をサプライズで祝うために、

主役の妹、Naoちゃんの指示の元、みんなで準備した。

早朝、まだ辺りが真っ暗なうちにおきて、準備開始。


ドイツ人のダスティンは薪を集めて火をおこしてくれた。

のこりの女子三人は、ろうそくを立てたり、ケーキを用意したり、

とにかく、主役がおきてしまう前にと、大慌てで準備をした。


e0115305_1451127.jpg

  火をおこすダスティン。 彼の作る火は本当に美しくて、毎回うっとりさせられた。
  ドイツでは、小さい頃からキャンプをよくやるのだそうな。
  几帳面な、ドイツ人らしい青年だった。



e0115305_145088.jpg

   なんとか準備がおわり、主役を起こす。
   Ayaちゃんはびっくりしている。
   この2人用のテントに、女子4人でひしめき合って寝たのも、楽しい思い出。




e0115305_146372.jpg

 ろうそくの花道を通って




e0115305_1443817.jpg

 ケーキに到着。 

 前日から内緒で買っておいた、colesの冷凍チーズケーキにろうそくを立てた。
 砂漠の真ん中ですが、夜は手がかじかむくらい寒いので冷凍ケーキの保存もいけるのだ。
 colesとは、オーストリア全土にある大手スーパーで、
 ワーホリで来てる人は、このスーパーの保冷バックをみな愛用してるのだった。
 もちろん、私も。



e0115305_1452486.jpg

 確か、HappyBirthdayの歌をみんなでうたったかな。



e0115305_1453472.jpg

 みんなで記念写真。くらすぎて、写ってないな、、、。



もう、2年前の事になる、この誕生日パーティー。


今になって改めて写真を見てみて、
オーストラリアの空の色の美しさと、空気の透明感に心躍る。


主役のAyaちゃんは、この後も旅を続けて、

今年の4月に2年ぶりに日本に帰国。

再会を喜ぶのもつかの間、つい先月、赤ちゃんを出産した。

この頃は、そんな日が来るなんて、思ってもなかったね。


オーストラリアで出会った日本人の子は、みなとても素直で、まっすぐで、

そして、前向きに人生を切り開いていたように思う。


開けてびっくり玉手箱。

そんなわくわくするような人生を歩んでくれてる彼らが、私のそばにいてくれることに、

喜びを感じます。


そして、今日誕生日を迎えた、しんたろう君、おめでとーー!
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-08-17 15:16 | オーストラリア

kangaroo



私はカンガルー

e0115305_17281493.jpg






好物は

e0115305_17283897.jpg


atsukoさんのスカート。





人が大好きです。

e0115305_17295554.jpg






ご主人さまです。

e0115305_17302154.jpg






西オーストラリア Denham(デナム)
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-05-20 17:32 | オーストラリア

時間

オーストラリア

最近良くワーホリを懐かしく思い出し、
なんだかオーストラリアにまた行きたいなぁなんて思う。
嫌い嫌いと言っていたはずのオーストラリア。
環境問題や人種差別や、色々と憤りを感じる事が多かった。
でも一番嫌いだったのは、異文化を受け入れられなかった自分の事だったんだろう。

ほどよく発展していて、でも人生の時間を有意義に過ごしている人が多かった。
週末の楽しみは、ビーチでのんびりすること。
そんなオージーを、なんでそんなのが楽しいのか・・?なんて思っていたけど、
最近、そうやって生きられる彼らを羨ましく思っている。

大きな時間の流れの中にいる彼らに、憧れている。

e0115305_0271218.jpg


Broome

私がオーストラリアで唯一、しばらく滞在した町なので
懐かしく思い出す事が多い。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2010-04-24 00:28 | オーストラリア