クラビは深い。

昨日、クラビタウンのすぐ隣にあるマングローブを見るツアーに行ってきました。

マングローブは、本当に町のすぐ脇にある。
さくらツアーから歩いて5分ほどで川にでる。
その川の向かい側がクラン島であり、マングローブなのです。

クラン島はイスラム教徒の住む島であり、
ゆかこねーの友達のあゆみちゃんが住む島でもあり、
水牛が居るような、のんびりした島だよっと聞いていたので、
前々から「遊びに行きたい~!!」っと思っていた島なのでした。

そのクラン島に住むあゆみちゃんの旦那さんがボートマンであり、
マングローブツアーをしているのです。
で、そのツアーの視察と言うことで、ゆかこさんに連れて行ってもらったのでした。

1時間コースと2時間コースとありますが、友達コースと言うことで、
3時間以上、マングローブやクラン島で遊ばせてもらいました。
いやぁぁぁ、、、楽しかった。

まずは洞窟に行きます。
ここが、船着場からほんの10分ほどのところにあり、また川を挟んで向かいには町が見えると言う、町を望みながら、ジャングルを歩くっと言う不思議体験が出来ます。
洞窟までは、少し急な階段を登って行きます。
洞窟内部は、想像以上に広く、そしてダイナミックです。
ゆかこさんは「昔絶対に原始人が住んでいたはずや!」っと連呼していた。(笑
(ちなみに、クラビはウン万年前の原始人の骨が発見された場所らしく、
タウンの中央交差点には、でかい3体の原始人像がそれぞれ信号機を両手にぶら下げている
っと言った具合な町なのです。)
ここには洞窟が合計で3つあるらしく、私達は2つを見ました。

何よりすごいのは、これが町からすぐのところにあるのに、
静寂とジャングルの中にあるということ。

続いては、マングローブの中をボートで散策。
これまた、驚いた。
マングローブが、とても元気で、ダイナミックなのです。
静かな、誰も居ないマングローブを私達の船だけが進んでいくその贅沢な事。。。
本当に気持ちが良くて、心癒されてしまった。
行けども行けども、マングローブで、迷路みたい。
途中で船に乗る漁師さんたちとすれ違ったり、島の人とすれちがったり、
ここはまだあまり観光地化されておらず、地元の人の生活の中に入って行く感じです。

マングローブを進んでそして川に出て、そして、魚の養殖場につきます。
そこで、サービス精神旺盛なおじさんが、怒ると膨らむ系のフグちゃん達を
手にとっては怒らせて、でもおじさんは楽しそうに笑いながら見せてくれます(笑
このフグちゃん達との出会いが、今回のツアーで私が一番エキサイトした場面でもありました(笑 もう、可愛いのなんの。。。。
膨らんだフグちゃん達は、水に戻されても、すぐにはしぼまずに、浮いてしまいます。
これがまた可愛い。。。ま、、食べれらちゃう子達なのですが。。。。
ここでは、魚を料理してもくれるそうで、食事可 なのだそうです。

続いて、やっと念願のクラン島に上陸!
本当にのどかで、ヤシの木がいっぱい生えていて、牛がいて、鶏がいて、とにかく、
緑豊かな世界。「ザ、南国!」っと言った雰囲気です。
電気が通じているのが不思議なくらい、素朴な島。
この島はイスラムの島なので、女性はみんなスカーフの帽子みたいなのをかぶっている。

カメラを向けると、みんな恥ずかしそうにはにかむ。
なんだか、ほんの1時間たらずで、どこかの秘境に来てしまった感じであった。
こんな素朴な場所が、タウンのすぐそばにあったとは。。
おそるべし、クラビ。

ツアーはこれにて終了。ボートでタウンまで送ってもらって、解散です。

とっても楽しかった~♪
またまた、ゆかこさんにはお世話になってしまったし、
今回は視察と言うことで、あゆみちゃん夫婦にもとてもお世話になってしまった。
嬉しいような、申し訳ないような。

と、言うわけで皆様がもしクラビにいらした際には、是非このツアーに参加してほしいです☆
値段など、申し込みの詳細は、さくらツアーのゆかこねーさんに聞いてみてくださいね☆
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-02-03 02:08 | タイでの出会い
<< トンサイクライマー☆ 中華料理には野菜がない >>