さらばBroome! さらばネズミハウス!

今夜Broomeの街を発ちます。

先月の20日に来てから、約1カ月。
あきこちゃんと言うPerthで出会った子と、偶然にもこの街に同じ日に入り再会し、そこから私とあきこちゃんの
腐れ縁が始まりました。

同じ職場勤め、同じ宿に泊まり、途中からは同じシェアハウスで同じ部屋で暮らす。
何故かシフトの休日も一緒で、1カ月間、風呂とトイレ以外はずっと一緒でした。

朝おきて、ご飯食べて、仕事行って、スーパーへ買い物行って、夕飯作って、うだうだして、寝て。
休みの日はねずみハウスの掃除をして、ビーチ行ってまったりして。。。

っと、、まぁ、本当にずっと一緒でした。
こんなに友達と長くいたのは人生で初めてでしたが、とても楽しかった〜!
おかげでお互いに英語は全然伸びなかったけど(笑、良い経験になったし、いい友達が出来た。
毎日毎日笑いが絶えず、楽しい日々だったのはあきこさんのおかげ。
あきこさん、ありがとう。そして、蟹を送ってください。あつこさんは蟹を待っています。毛蟹。


そんな私たちが暮らしていたのが、オージー男性がオーナーのシャアハウス。
その名もネズミハウス。
毎日毎日、ネズミとの戦い。多分、人生であとにも先にも、こんなねずみだらけの家には住まないはず。。。
安さと、立地の良さが魅力で住んでおりましたが、1カ月で十分でございます。
ある日はネズミちゃんがうるさくて眠れず、ある日はねずみの水死体がキッチンであがったり、
ある日は食糧がやられたり、ねずみちゃんのうんちがが服についてたり、カバンについてたり。。。。。

っとまぁぁぁ、、、、酷かった。。おまけに最近ではゴキブリもね。。。

でも、ここでも素敵な日本人の女の子2人と出会い、毎日日本人女性4人でわいわい楽しい日々でした。

昨日は、みんなに髪を切ってもらったし、お菓子作ってくれたり、いつも夕飯を分けてくれたりと、本当に楽しかった。
ともちゃん、しずかちゃん、ありがとう。
ここの犬も可愛かったし、オーナーもぶっとんだおじさんでなにかと 面白かったし、フィリピン人とオージーの夫婦もいい人だったし、1つ屋根の下、7人と1ぴき 暮らしは楽しかった!

明日、Kununurraと言うバングルバングルという国立公園への入り口の街で1日遊び、次にKatherinと言う、これまたキャサリン渓谷とニトミルク国立公園への入り口の街で4日ほど遊び、次に Darwinでカカドゥ国立公園とリッチフィールド国立公園へ行こうかと。それとワニ。
そして8/3にケアンズへ。

久々に一人旅の再開です。ワクワク。

話はかわって 、私が今いるBroomeの街には日本人墓地があります。
真珠の養殖の為に、約100年前からこの地に日本人が入っており、
そして、潜水病や溺死、ハリケーンで亡くなった1000人近い人々が埋葬されています。
行かなきゃと思いながらもなかなか行けず、昨日やっと行って手を合わせて来ました。
主に和歌山や長崎から多くの人が来ていたみたいですね。東京など、日本全国からも来ていたようです。
まだ10代だったり20代30代で亡くなった人のお墓が多かった。
ある年の8月には、毎日の様に誰かがなくなっていた。。
そんな、今に比べたら全然不完全な潜水服を着て、危険な海の深くに潜る作業をしてたんだな。。
なんで、命の危険を侵してまでも、この地で潜水の仕事をすることを選んだのか、知りたくなりました。
そして、日本とは何もかもが全く違うこの地で、日本を思って亡くなっていった方々のご冥福を祈るばかりです。

そんなBroomeでの日々。

さらば!
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2008-07-23 12:28 | オーストラリア
<< Darwinにいます。 ケアンズへゴー! >>