先に見たのは 正解か不正解か。

オーストラリアへ来て3週間ほどたちます。

英語はさっぱり。(笑えません。。。。)

それにしても、何を見ても感動出来ない自分がいます。
まだ、見たものが少ないのもありますが。

熊野、屋久島、奄美諸島、沖縄諸島。。。。など、自然や文化と言う事おいて、
世界に誇れる日本の名所を、去年1年かけてみてしまった事が原因のようです。

海を見ても、森をみても、空を見ても、月を見ても  日本の方が素晴らしい と思ってしまう。

日本は、本当に凄い。


さて、一昨日のよる、私が宿泊するYHAの食堂で、ジェームス君と言う男の子と席を一緒にしました。

彼は仕事でパースに来ていて、タイに1年 フランスに5年住んでいたようで、
オーストラリアをとても客観的に見つめる事が出来ている青年でした。

私がファームステイをしていて、とても矛盾に感じていたこと、オーストラリアについて思うこと、
そのほとんどがジェームス君の持つ考え方と一緒でした。

オースラリアは、物価の高騰が著しいようです。高度成長期に入っている模様。
2008年のガイドブックを持ってきているのに、既にホテルや、交通機関の料金などは、
それから更にUPした金額を提示される。
タバコは一箱10ドル以上。。
外食も高く、1食につき10ドルはかかる。

なんでこんな高いの?ってジェームス君に聞いたら、

この国は、マネーマネーマネー の国になってしまっているんだ。っと。。

とても良い国だけど、沢山の問題を抱えているんだと、話してくれました。

町を歩いていても、貧富の差は一目瞭然。
目つきの危ない人も沢山いる。
これが世界一美しい町 の実態なのかと、私は正直がっかりした。


そして、環境破壊についても話しました。

私がファームステイしていた時、

有機野菜を作って、日本に送るんだ!!!

っと言って、ホストが目を輝かせて土地を開拓していた。
生きた木を次々に重機でなぎ倒し、そして焼く・・・。
そこには、自然に対する敬意を感じられなかった。。
その先には、JAPANマネーしか、私には見えなかった。

オーストラリアの食料自給率は高く、開拓されて作った畑で出来た野菜は、日本や他国に売るためのものだそうな。
今でも次々に土地はこうやって開拓されているそうです。

ジェームス君曰く、オーストラリアは若い国で、歴史もない、
だから、みんなやりたい放題なんだよ。っと。


海沿いはまだいいが、内陸では、毎日毎日大量の木が死に、焼かれているとも言っていた。


CO2排出量が、人口ひとりあたり世界で一番多い国の現状が、少し見えてきました。

何でも焼いてしまえばOK って感じがするけど、それはどうなんだろか。


これから、この国のいいところも沢山みたいな~。。。
って思います。
この3週間は、なんだか悪い所ばかりが目についてしまったので。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2008-05-22 14:08 | オーストラリア
<< ジンベエザメとシュノーケリング☆ made in japan は... >>