ミャンマー記 タナカ

ミャンマー記 ちょっと息抜き。

ミャンマー人は、タナカを愛用している。
ミャンマー女性のほとんどはタナカを使っているだろう。

使うのは女性だけだと聞いていたが、小さい子供から、たまに若い男性まで、幅広く使われているのを見た。

タナカ。

日本人の名前みたい。


タナカの正体は、化粧品です。
主な効用は日焼け止め。

タナカは木の粉です。

墨汁をする様に、水を少し挿して、スリスリと木を石でする。

そうして出来た物を、顔に塗る。腕にも塗っている人もいた。

ほっぺに丸く塗ったり、四角く塗ったり、人によって色々と個性がある。

小さい子供は、お母さんやお姉さん達の遊びの恰好の的らしく、遊び心たっぷりなデザインで塗られている。


インスタントタナカもある。

ファンデーションの様な形で売られている。それを水でのばして使う。


タナカを塗ると、見た目がどんな感じなのかと言うと、薄い茶色をした泥パックを塗った感じを想像すると分かりやすいかもしれない。

その泥パックをしたまま、外へ出るのがミャンマー流。


で、私もインスタントタナカを購入して試してみた。


まず、水でのばしているので保湿効果がある。日焼け止めとしても良い。塗っていると、涼しい感じすらする。

が、時間が経つと乾燥する。

そんな時には、ミャンマー人はタナカ直しをするのだろうか?


ロンジーを着て、タナカを塗って町を歩く。ちなみにロンジーは、ミャンマーでは毎日着ていた。

まずは、ホテルの従業員が私のタナカに喜んだ。

一緒だ一緒だ、と言う仕草をする。

うん。一緒だね。
っと私もハニカミながら答える。


町でも、すれ違いざまに皆が嬉しそうに笑ってくれる。

ロンジーを着る外国人は居ても、タナカを塗る外国人はあまり居ないのかもしれない。


それにしても、私はアジア各国でなりきりに成功していたのに、なんでミャンマーだけはダメだったのだろか?

すぐに外国人だとバレる。

ロンジーを綺麗に着こなせてなかったのだろうか?

それとも、平和ボケしたところを見抜かれていたのか。。

ミャンマー人の眼力は凄い。


ミャンマー人の身だしなみと言えば、ロンジー、タナカ、バック。

ミャンマー独特の、可愛い形をしたバックがあるのだが、名前は忘れてしまった。


今話題のエコで、超自然派化粧品であるタナカだが、日本にやって来る日は来ないだろうと思う。

見た目が泥パックだからね。


タナカさんが見つけのかな?
疑問がつきないタナカ。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-08-25 02:07 | ミャンマーでの出会い
<< ミャンマー記 ー バスに乗ってツー ミャンマー記 瞑想センター見学... >>