「ほっ」と。キャンペーン

チェンマイでシャーマン体験

日曜日にチャンマイを出る予定でしたが、

マッサージスクールの仲間うちで、「日曜日にシャーマンのところに行こう!」

っと話が出たので、面白そうなので、予定を変更してシャーマンに会いに行った。

マッサージ絡みのメンバー9人で、ソンテウと呼ばれるバスみたいなものをチャーターして、
走ること約1時間、まったくどこだか分らないが、お寺に着いた。

そこには既にシャーマンに見てもらおうと沢山の人が集まっていた。

まずは英語のできる信者さんに色々と瞑想や仏教の教えについて説明を受け、
そしてシャーマンに頭と手に何かを書いてもらって、瞑想をした。
シャーマンのお弟子さんらしき人々が見守る中、なんだかよく分らないお経を唱えながらの瞑想。
途中、バタンっと後ろに倒れる人もいた。。。。
これは霊を降ろす瞑想らしく、お寺でやらないと危険なんだそうな。。。

そして、待つこと約4時間あまり、、時間は24:00過ぎ。
やっとこさ自分の番がやって着てみてもらった。
シャーマンには、おじさんの霊が憑いているそうで、
おばさんのシャーマンが、おじさんのようなしゃべり方をする。
どういうことを言われたかは、書くと長いのでやめますが、
未来や過去を見ると言うより、今の自分(私)を見通す力が強いシャーマンだと感じました。
将来について聞いても、自分の本当にやりたい事をやれば良いのだと、
私の心を見透かして、そんなアドバイスをくれている印象だった。


このシャーマンは、一緒にいったメンバーからの話を聞く限り、かなり当たっていたそうで、
本物のようです。

途中、霊に取り付かれた若い女の子が奇声を発しながら、
友人たちに取り押さえられて運ばれてきた。
で、英語の通訳さんがシャーマンと霊との会話を通訳してくれるのですが、
どうやら、その若い女性は過去に2度堕胎をしているらしく、
その水子の霊が、お母さんと話したい と出てきているとの事。
若い女の子は、もがいて、白目をむいて苦しそうでした。
初めて撮り付かれた人をみた・・・・。
彼女は、瞑想をすることで水子の霊を成仏させるようにアドバイスされていました。

そんなこんなで、チェンマイ最後の夜は、非常に濃いメンバーで、濃い体験をしたのであります。

チャンマイは、深い。。。。。

ちなみに、マッサージにはさらにはまってしまい、帰国を延長して練習に励んでいました。
でも、まだまだ、、、まったく使い物になりません。。。。。
かえったら、練習台になってくれる方を募集です。
ちなみに、女性限定でお願いしているのは、チャンマイ式のマッサージは体の密着がとても多いからです。

明日、バンコクを経ちま~す☆

さらばタイ ありがとうタイ。
[PR]
by atsuko-sunaoni | 2009-05-20 00:23 | タイでの出会い
<< ふつうのこと 深みにはまる >>